2014年01月31日

アンティークプリント

antique_print1.png
これはアンティークプリントと呼ばれる、
19世紀頃に描かれた博物誌(図鑑)の挿絵部分を抜いたものです。
インターネットや古書店、アンティークショップを探し歩いて、やっとの事で見つけました。

1枚づつ銅版画でプリントされて、1枚づつ手彩色されています。
動物のふんわりした毛並みを表現する為に、
強弱のある一本一本の線はため息が出るほどです。

antique_print2.png
こちらのアライグマは「ゴメ」という方法でつや出しをしてあるそうで、
背景との差を出してあります。
ハクビシンみたいなシュッと鼻筋の通った顔をしてますが、
アライグマだそうですw

antique_print3.png
このクロイタチは色鉛筆で彩色してあります。
テープが残っていたからか、安く手に入れる事ができました。

様々な人が図案化してきましたが、
人によってやはり線の捉え方が違うというか、
表現も微妙にかわってきます。
これがまた面白いところですね。


このアンティークプリントは挿絵部分を抜き取って、額装して飾るなど、
コレクターがとっても多いそうです。当然か。
古書店の店主の話しによると、元々は紙の装丁だったものを、
コレクターが全て革の装丁にするそうです。
四足獣からは虫類、昆虫、それぞれで製本されたものが数多くあり、
全巻揃っているもの等はとても希少価値が高く、
数百万になるものもあるとか。

現代の大量生産されたプリントとは違う、
一枚づつ時間をかけられた丁寧な仕事のものは、
自分の作品のとっても良い刺激になりますね。

animalia
生き延びてきたカタチ
HP: www.animalia925.com
blog: http://animalia925.seesaa.net/




posted by yocmoc at 11:35| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。