2014年01月31日

アンティークプリント

antique_print1.png
これはアンティークプリントと呼ばれる、
19世紀頃に描かれた博物誌(図鑑)の挿絵部分を抜いたものです。
インターネットや古書店、アンティークショップを探し歩いて、やっとの事で見つけました。

1枚づつ銅版画でプリントされて、1枚づつ手彩色されています。
動物のふんわりした毛並みを表現する為に、
強弱のある一本一本の線はため息が出るほどです。

antique_print2.png
こちらのアライグマは「ゴメ」という方法でつや出しをしてあるそうで、
背景との差を出してあります。
ハクビシンみたいなシュッと鼻筋の通った顔をしてますが、
アライグマだそうですw

antique_print3.png
このクロイタチは色鉛筆で彩色してあります。
テープが残っていたからか、安く手に入れる事ができました。

様々な人が図案化してきましたが、
人によってやはり線の捉え方が違うというか、
表現も微妙にかわってきます。
これがまた面白いところですね。


このアンティークプリントは挿絵部分を抜き取って、額装して飾るなど、
コレクターがとっても多いそうです。当然か。
古書店の店主の話しによると、元々は紙の装丁だったものを、
コレクターが全て革の装丁にするそうです。
四足獣からは虫類、昆虫、それぞれで製本されたものが数多くあり、
全巻揃っているもの等はとても希少価値が高く、
数百万になるものもあるとか。

現代の大量生産されたプリントとは違う、
一枚づつ時間をかけられた丁寧な仕事のものは、
自分の作品のとっても良い刺激になりますね。

animalia
生き延びてきたカタチ
HP: www.animalia925.com
blog: http://animalia925.seesaa.net/




posted by yocmoc at 11:35| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

新年あけましておめでとうございます

diamond_fuji.png
新年あけましておめでとうございます。

今住んでいるところからは、
天気が良く、空気が澄んだ日はビル郡の間から富士山が見えます。
これだけでも感動したんですが、
クリスマスあたりにフジの頂上に夕日が沈み、
通称ダイアモンドフジが見られます。

今年は運良く快晴、夕日の美しい日にダイアモンドフジを撮影できました。
カメラマンが場所取りにせめぎあう中、撮れました。
いやぁ世界遺産にも登録されたニッポンのシンボル、
美しいものですな。

本年度もanimaliaをどうぞよろしくお願いします。

animalia
生き延びてきたカタチ
HP : www.animalia925.com
BLOG : http://animalia925.seesaa.net/
posted by yocmoc at 23:12| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

プチカスタム

お客様から、プチカスタムを頂いたので紹介します。

モモンガのカスタムバージョンでフクロモモンガです。
momonga.png

通常バージョンのモモンガはあっさりした顔立ちをしていますが、
フクロモモンガバージョンでは縞模様部分に彫りを入れて、
いぶしを強く入れてみました。

いぶしはムトーハップ(今はこの名前では売られていない?)でやっているんですが、
お湯に数滴いれていぶすやり方は簡単なんだけど、
どうにもグレーっぽい仕上がりになってしまって、あまりコントラストが出なくて
どうしたもんか思っていましたが、
原液を直塗りして熱を当ててみたところ、思った以上に黒くなり、
さらに真鍮ブラシでごしごし磨くと、結構黒くなりました!
(油分が綺麗に取りきれていないと(多分ですが)
水洗いしたときに少し剥がれてしまいますけどねw)

これによって、オニオオハシの2色表現ができるようになりました!
toucan.png

できる限りのカスタムも受け付けています。

animalia
生き延びてきたカタチ
HP : www.animalia925.com
BLOG : http://animalia925.seesaa.net/


posted by yocmoc at 16:53| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

商品紹介!ミツオビアルマジロリング

armadillo.png
アルマジロっていうと、敵に襲われると丸くなる!ってイメージがあるんだけども、
数種類いるミツオビアルマジロの2種だけしか
丸くなる事ができないのはあまり知られていません。
(僕も昔はそういうイメージでした。何かキャラクターとかで刷り込まれたのかなぁ。。?)

ミツオビアルマジロは僕が表現したい
“生き延びてきたカタチ”の面白さをとってもうまく表している動物なんです。
敵に襲われた時、食べられないように皮膚を硬く進化させ、
それでもやっぱりやわらかい部分から食べられてしまうから、
外に出る部分が全て硬い部分になるように丸くなる事を選んだ。
丸くなったときのこの収納したカタチは、
無駄を省いたとっても美しいデザインだなぁ、と感じる訳です。

そんなわけで、ロゴにもミツオビアルマジロを採用しました。
そして、ミツオビアルマジロのリングには、
ANIMALIAの文字が入っています。
armadillo_ring.png

こいつがメインのアイテムで、
こいつを中心に僕の表現したいものを広げていきたい!
ということで文字を入れてあります。

最初の写真は上野動物園で撮影しました。
暗い室内のゾーンでの展示だったのと、
ちょこちょこちょこちょこと歩き回って、なかなかピント合わせができません><
上野動物園は人も多いけど、展示する種類も多くていいですね。
メインはやっぱりパンダでしょうけど、
僕はあえて、マニアックな動物に注目してますw


------------------------------------------------------------
animalia
‘生き延びてきたカタチ’
HP : www.animalia925.com
blog : http://animalia925.seesaa.net/


posted by yocmoc at 12:01| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

商品紹介!フレンチブルドッグリング

bull3.png

フレンチブルドッグのリングです。
フレンチブルは潰れた鼻と、蝙蝠の羽のようにピンと立った(バットイヤーって呼ばれるらしい)耳と、
くりくりの目玉が特徴のブサカワ犬。
僕がこだわったのは笑っているかのように横に広がった口。
ベロがちょっと巻いてはみ出ちゃってる感じ。
まんまるの目玉はやっぱり黒い天然石のオニキスがよく似合いますねー。


そして、ブルドッグ系の犬種にはスタッズの首輪がよく似合う!
ということで、2連リングになってます。
bull1.png
当たり前ですが、別々に装着する事もできます。
細身のリングならなんでも首輪になりますねw

詳細や、購入はこちらから↓

animalia
動物、生き物アクセサリー
www.animalia925.com

posted by yocmoc at 17:48| Comment(0) | 作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。